ウィニングショット 極細マルチストリング開発記 その4

現在、ウィニングショットは、極細のマルチストリングを開発中です。

開発中の極細マルチストリングの目指すゲージは、前人未踏の『1.10mm』

硬式テニス用ストリングとして、現在最細の1.18ゲージと
同じレベルの耐久をクリアしなければなりません。

前回、単純にゲージを1.10mmにした試作品を作り、
耐久性が、70%程度まで落ちることが、わかりました。
(1.18mmとの比較して)

今回、耐久性をあげるために耐熱樹脂PEEKを側糸
使用したものを試作しました。


   PEEK3本と6本

・耐久性をクリアするのに、PEEKの必要な本数は、何本なのか?
・PEEK自体の太さを変える必要があるか?
・PEEKを多く使うと、マルチのやわらかい打球感を損なわないか?

耐久試験の結果は・・・・

● PEEK3本 1.18mm対比 約85% クリア出来ませんでした。

● PEEK6本 1.18mm対比 約105% クリア!

耐久的には、今回の太さのPEEKで、6本使用すればいけそうです。

次は、実打のテストに入ります。
打球感が硬くなってしまっていないか、心配です。

                     開発担当 鐘江

ウィニングショット 極細マルチストリング開発記 その3

現在、ウィニングショットは、極細のマルチストリングを開発中です。

開発中の極細マルチストリングの目指すゲージは、前人未踏の『1.10mm』

硬式テニス用ストリングとして、現在最細の1.18ゲージと
同じレベルの耐久をクリアしなければなりません。

まずは、生産実績のあるストリング「フィロス」1.18mmの時の構成糸、
コーティング条件で、ゲージを1.10mmにしたものを試作してみました。

耐久性を確認すると・・・予想通り70%程度まで落ちてしまいます。(1.18mmとの比較)

この耐久性についての解決策として、耐熱樹脂PEEKを側糸
入れようと思います。

ウィニングショットの高耐久マルチ「EX-MULTI」で、採用した素材です。
耐久性は、間違いなく上がります。

問題は、

・耐久性をクリアするのに、PEEKの必要な本数は、何本なのか?
・PEEK自体の太さを変える必要があるか?
・PEEKを多く使うと、マルチのやわらかい打球感を損なわないか?

です。

考えられる組み合わせが、かなり有りますが、
クリアすべく試作を進めていきます。

ちなみに、この極細マルチのカラーは、「シルバーグレー」で進めます!

                         開発担当 鐘江

ウィニングショット 極細マルチストリング開発記 その2

現在、ウィニングショットは、極細のマルチストリングを開発中です。

開発中の極細マルチストリングの目指すゲージは、前人未踏の『1.10mm』

硬式テニス用ストリングとして、現在最細の1.18ゲージと
同じレベルの耐久をクリアしなければなりません。

この開発に当たり、過去に開発した、高耐久マルチ『EX-Multi』と
1.18mmマルチ『フィロス』の開発経験が活かせるかもしれません。

EX-Multi

まずは、フィロス1.18mmの時の構成糸、コーティング条件で、
1.10mmにしたものを作成してみます。

フィロス1.18は、単糸が、比較的太めの糸で構成され、
外側は、柔らかいウレタンコーティングの組み合わせでした。

極細ゲージは、かなりシャープな打球感になる為、今回もコーティングは、
柔らかいウレタンコーティングが合う気がします。

フィロスの細ゲージ化

フィロス1.18 → 1.10mm 

これだけでは、耐久性が、かなり落ちることが予想されますが、
果たして

                                  開発担当 鐘江

ウィニングショット 極細マルチストリング開発記 その1

現在、ウィニングショットは、極細のマルチストリングを開発中です。

現在、マルチストリングで、最も細いゲージは、1.18mm。

開発中の極細マルチストリングの目指すゲージは、なんと1.10mm

硬式テニス用ストリングとして成立させるには、少なくとも1.18ゲージと
同じレベルの耐久はクリアしなければなりません。

しかし、この超極細ゲージのマルチが実現すれば、今までに無い
絶妙なタッチと飛びをもたらしてくれるでしょう!

ワクワクします。
                                 開発担当:鐘江

ウィニングショット ストリング共同開発 その7

ウィニングショットは、2016年2月より、
国内トップシェアの釣り糸メーカーである
株式会社サンラインとテニス・ストリングの
共同開発プロジェクトを進めています。

共同開発の第一弾では、

高機能ポリエステル内に、シリコンを分散させ融合させた
新素材を用い、新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリング
を開発しました!
(開発成り行きは、過去ブログを、ぜひご覧ください!)

※ 糸表面に、シリコンを後処理するのでなく、
  糸を紡ぐ最初の段階から融合させる

現在、発売に向け準備を進めており、
その商品パッケージの見本が出来てきました。

新素材ストリングに合わせ、パッケージも
既存に無いクリアのプラケースとしました。

2018年3月発売に向け、引き続き頑張ります!

                            開発担当:鐘江            
                             

                               

ウィニングショット ストリング共同開発 その6

ウィニングショットは、昨年、2016年2月より、
テニス・ストリングの共同開発プロジェクトを
立ち上げました。

国内トップシェアの釣り糸メーカーである
株式会社サンラインと進めています。

共同開発の第一弾では、

「高機能ポリエステル内に、シリコンを分散させ融合させた」新素材を用い、
新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリングを開発しました!
(開発成り行きは、過去ブログを、ぜひご覧ください!)

※ 糸表面に、シリコンを後処理するのでなく、
  糸を紡ぐ最初の段階から融合させる

2018年3月の発売に向け、現在、商品パッケージの検討に入りました。


パッケージ案

これらのパッケージ案を元に、ブラッシュアップ!

新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリング
のイメージに合った、良いパッケージを作り込んでいきます。

                              開発担当:鐘江

           

ウィニングショット ストリング共同開発 その5

ウィニングショットは、昨年、2016年2月より、
テニス・ストリングの共同開発プロジェクトを
立ち上げました。

国内トップシェアの釣り糸メーカーである
株式会社サンラインと進めています。

共同開発の第一弾では、

「高機能ポリエステル内に、シリコンを分散させ融合させた」新素材を用い、
新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリングを開発しました!
(開発成り行きは、過去ブログを、ぜひご覧ください!)

※ 糸表面に、シリコンを後処理するのでなく、
  糸を紡ぐ最初の段階から融合させる

現在、最終段階として、量産で同じ性能の再現がきちんと出来るかの
確認テスト生産を実施しました。


  量産再現テスト用


 商品名は、「シリコンツアー」に

工場からはデーター的に問題無いとの報告。
あとは実打で、最終確認です。

ちなみに・・・もう商品名決めちゃいました。

その名は「シリコンツアー」

                    開発担当 鐘江

ウィニングショット ストリング共同開発 その4

ウィニングショットは、昨年、2016年2月より、
テニス・ストリングの共同開発プロジェクトを
立ち上げました。

国内トップシェアの釣り糸メーカーである
株式会社サンラインと進めています。

共同開発の第一弾では、

「高機能ポリエステル内に、シリコンを分散させ融合させた」新素材を用い、
新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリングを目指します。

※ 糸表面に、シリコンを後処理するのでなく、
  糸を紡ぐ最初の段階から融合させる

ポリエステルにシリコンをうまく融合することが出来るのか?

また、シリコンの最適な融合量、製造条件を見つけることが出来るのか?

第1回目の試作で、幸先よく、最初の関門である「シリコンを融合させる」ことに成功!

その後、推論を立て、シリコンの融合量、延伸条件、高機能ポリエステルの配合等、
3~4パターンに条件を振りサンプルを作成、試作を繰り返しました。


1回の試作で3~4パターン条件を変えて作成

この3~4パターンのサンプルを試打して、最も打球感が
良かったサンプルを、さらにテスターを増やして意見を聞きます。
これを工場にフィードバックして、次の試作条件を考える・・・・

しかし、シリコンの融合量、延伸条件、高機能ポリエステルの配合、
この組み合わせパターンは、あまりに無数。
推論を立てて、条件を変えていくも、なかなか条件が絞り込めません。

しなやかになり過ぎると、飛びが悪くなり、飛びが良くなると、
今度は、打球感が悪く・・・

最適な条件を見つけるのは、予想よりはるかに難しく、大苦戦しました。

結局、1年半近くの日数がかかり、9回に渡る試作で、
ようやくたどり着くことが出来ました。


 試作のボビン巻きの山
(※写真右側中段は、着色でブルーを検討した時のもの)

目指していたしなやかかつ強靭なストリング
新しい打球感を実現出来たと思います!

次のステップは、この9回目の試作条件で、再度生産し、
量産での再現性の確認と、出来上がったものを、先行モニターとして、
お客様にご評価いただきたいと思います。

                       開発担当:鐘江

ウィニングショット ストリング共同開発 その3

ウィニングショットは、昨年、2016年2月より、
テニス・ストリングの共同開発プロジェクトを
立ち上げました。

国内トップシェアの釣り糸メーカーである
株式会社サンラインと進めています。

共同開発の第一弾では、
「高機能ポリエステル内に、シリコンを分散させ融合させた」新素材を用い、
新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリングを目指します。

※ 糸表面に、シリコンを後処理するのでなく、
  糸を紡ぐ最初の段階から融合させる

ポリエステルにシリコンをうまく融合することが出来るのか?

また、シリコンの最適な融合量、製造条件を見つけることが出来るのか?

第1回目の試作で、懸案の「ポリエステルにシリコンを融合する」ことに成功。
さすが、サンラインの技術力です!

 

上がってきたサンプルを、実打してみると・・・
狙い通り、特徴あるしなやかな糸、ストリングにはなっているものの・・・
残念ながらボールの飛びが、かなり悪いです。

シリコンの融合量が多すぎたのか?

延伸等、紡糸条件の問題?

おそらくその両方で、最適バランスがあるのでは無いかと思われます。

いろいろ条件を振って、試作していくしか無さそうです。

ちなみに、サンラインさんからは、ボビン巻きで納品されています。

事務所が、ボビン巻きで埋まる前に、条件が見つかると良いですが(笑)

開発担当   鐘江

ウィニングショット ストリング共同開発 その2

ウィニングショットは、昨年、2016年2月より、
テニス・ストリングの共同開発プロジェクトを
立ち上げました。

国内トップシェアの釣り糸メーカーである
株式会社サンラインと進めています。

こちらのサンラインは、USCナイロン= 独自製法により、
ナイロン内に、シリコンをミクロ分散させて融合させる
パテントをはじめ、優れた技術をお持ちです。

USCナイロン = Ultimate Silicone Conpounded の略
摩耗性を大幅に改善、しなやかな表面のナイロンラインを実現

http://www.sunline.co.jp/sl_html2/products/feature/feature.html

※ 糸表面に、シリコンを後処理するのでなく、糸を紡ぐ最初の段階から融合させる

共同開発の第一弾では、この技術を活かし、

「高機能ポリエステル内に、シリコンを分散させ融合させた」新素材を用い、

新しい打球感で、しなやかかつ強靭なストリングを目指します。

そもそも、ポリエステルでもシリコンをうまく融合することが出来るのか?

また、シリコンの最適な融合量、製造条件を見つけることが出来るのか?

課題クリアに向け頑張ります!
                                   開発担当:鐘江