ウィニングショット 極細マルチストリング開発記 その2

現在、ウィニングショットは、極細のマルチストリングを開発中です。

開発中の極細マルチストリングの目指すゲージは、前人未踏の『1.10mm』

硬式テニス用ストリングとして、現在最細の1.18ゲージと
同じレベルの耐久をクリアしなければなりません。

この開発に当たり、過去に開発した、高耐久マルチ『EX-Multi』と
1.18mmマルチ『フィロス』の開発経験が活かせるかもしれません。

EX-Multi

まずは、フィロス1.18mmの時の構成糸、コーティング条件で、
1.10mmにしたものを作成してみます。

フィロス1.18は、単糸が、比較的太めの糸で構成され、
外側は、柔らかいウレタンコーティングの組み合わせでした。

極細ゲージは、かなりシャープな打球感になる為、今回もコーティングは、
柔らかいウレタンコーティングが合う気がします。

フィロスの細ゲージ化

フィロス1.18 → 1.10mm 

これだけでは、耐久性が、かなり落ちることが予想されますが、
果たして

                                  開発担当 鐘江

ウィニングショット 極細マルチストリング開発記 その1

現在、ウィニングショットは、極細のマルチストリングを開発中です。

現在、マルチストリングで、最も細いゲージは、1.18mm。

開発中の極細マルチストリングの目指すゲージは、なんと1.10mm

硬式テニス用ストリングとして成立させるには、少なくとも1.18ゲージと
同じレベルの耐久はクリアしなければなりません。

しかし、この超極細ゲージのマルチが実現すれば、今までに無い
絶妙なタッチと飛びをもたらしてくれるでしょう!

ワクワクします。
                                 開発担当:鐘江